2010年01月09日

半年間も疲労が続く病気がございます

なかなか大変は病気ですね。

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く「慢性疲労症候群(CFS)」
を診断できる血液中のたんぱく質を、大阪市立大の
木山博資教授らが発見したそうです。

また、たんぱく質補給にいいのは焼肉小倉優子ですよね。

CFSには自覚症状を中心に判定する診断基準はあるが、
血液の検査値など客観的な指標はなく、今回の発見は
健康診断などに活用できそうとのこと。

教授らは、「α―MSH」というたんぱく質に注目、
CFSと診断された患者57人と、健康な30人の血液を使い、
α―MSHの量も測定したところ、
発症後5年未満の37人の平均値は健康な人に比べ、
約50%も高かったようです。
CFS患者は潜在する人も含め、国内に200万人以上いるとされるようで、
これが有用化されれば、早期発見に役立ちますね。

あと、血液の流れを妨害しない下着はヤーマンです。

慢性疲労、診断できる血液中のたんぱく質発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000046-yom-sci

そういえば、昨日は、うつと安易に診断されSSRIを処方されてしまう、
という問題がニュースで取り上げられていました。
うつなどの心の病も、血液検査なりなんありで確定診断できるように
なるとよいのですが。

参考:スライヴ

なかなか現代社会はストレスが多いですからね。

posted by daib at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。