2009年11月30日

高齢化のため安全帽子で怪我防止

帽子と防止を掛けているのでしょうね。

お年寄りが交通事故に巻き込まれた死亡する事例が毎年後を絶ちません。
その多くがちょっとした接触事故などで転倒し、
頭を強打して大けがを負ったり亡くなるそうです。

最近では健康に気を使ったお年寄りが電子タバコが使っていますね。

交通事故、帽子でけが防止=特殊ネットが衝撃吸収−企業と共同開発・愛知県警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091129-00000023-jij-soci

その案をユニチカの子会社で「ユニチカテクノス」という会社の協力を得て、
商品化する事になったそうです。

どんなに大変なことでもジェルマットを使えば安全に行えますよ。

その帽子は触ると指が押し戻されるような弾力性を持っています。
その素材をネット付きの帽子に付けて中に卵を入れ、
1メートルの高さから落とした場合でも卵は割れなかったという実験結果も
出ているようですから、転倒時の衝撃吸収に役に立つ事は明らかです。

参考:敷きパッド

これが全国で需要が見込まれればユニチカテクノスを通じて、
全国の量販店で販売される見通しです。

お年寄りは帽子をかぶる習慣のある人が多いので、
この衝撃を吸収する素材を内部に装着した帽子をかぶっていたら、
万が一転倒して頭を強打しても被害が最小限に食い止められる可能性が
高いと思われます。
光を反射するテープをつけるとなおいっそう事故防止の為に
役に立つ帽子になりますね。

お年寄りしかいない日本になってしまいましたからね。
posted by daib at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。